スポーツ(クーペ)タイプの特徴について

様々なタイプの車の中で、よりスポーティーなモデルに分類されるのが、クーペになります。クーペとはフランス語が語源で、2ドアのボディタイプの車のことを指します。前座席を優先としたデザインで、後部座席は補助的なものという位置付けです。よって、2シーターが主流のタイプですが、今は利便性の点から4シーターが好まれるようになっていて、4ドアクーペというものも存在しています。セダンとの大きな違いは、車高が低くて流線形のボディデザインという点にあります。一方で、セダンなどと比べて、居住性やラゲッジスペースがかなり劣るため、実用性は低いと言わざるを得ないでしょう。しかし、流線形のボディデザインが特長的で、スポーティーさやスタイリッシュさを求める人に好まれる車と言えます。また、スポーツタイプのボディデザインに合わせて、走りや速さといった運動性能に特化したモデルが多くなっています。排気量の大きなパワーのあるエンジンを積んだモデルなら、高速道路の走行にも向いていて、流線形のボディが安定性を生み出すため、長距離移動も快適に走り続けることができます。実用性や利便性とは対極にあるタイプの車ですが、車本来の目的、つまり走りにおいては、快適かつノンストレスな人車一体感を味わえる車なのです。デスク01

セダンタイプの特徴について

一昔前まではもっともオーソドックスな乗用車のタイプだったセダンの最大の特徴は、乗員の乗り込む車室とは隔離されたトランクルームにあります。
このトランクルームに手荷物を収納することで乗員が手荷物から解放されて乗車時間を過ごすことができるため、省庁の大臣公用車や会社の幹部専用車、ハイヤー・タクシーなどに多く採用されています。
一方でトランクルームと車室の間が骨格によって区切られているため、ミニバンやステーションワゴン、ハッチバックでは一般的となっているリアシートのスライドはできないものがほとんどです。
このため、フルフラットなどのシートアレンジはできず、車中泊を伴う超長距離ドライブには不向きな車種と言えるでしょうし、車室とトランクルームが隔離されているため、サーフボードのような長いものを運ぶのは不可能です。
ただし、一部の車種ではリアシートの背もたれを倒すこと車室とトランクルームを一続きの空間とすることができるものもあり、このような車種ではある程度までの長いものも運べるようになっています。
このような制約があるとはいえ、ボディの剛性や静粛性を確保しやすい骨格構造の車種であり、安心して運転できる車の多い車種と言えるでしょう。テーブル

軽自動車タイプの特徴について

軽自動車は取り回しが楽に行えるのが大きなメリットと言えるのではないでしょうか。その他のボディタイプよりも一回りも二回りも小さいサイズとなっていますので、運転が不得意な方でも扱い易い車と言えます。
また、小型サイズゆえに駐車スペースに困り難いのもメリットです。スーパーなどの駐車場でも軽専用のスペースを利用する事ができますし、自宅などの駐車スペースが狭くても停められる可能性があります。
燃費が良い車種が多いのもメリットです。軽量なボディゆえにガソリンの消耗も抑えられますし、特に近年は車開発の技術力も高くなっていますので、かなり燃費性能も良くなっているのです。ガソリン代に悩みたくない方に最適のボディタイプですし、ガソリン価格が高くなっている近年では非常に人気がある存在と言えます。
デメリットも少なからずありますが、広さに物足りなさを感じる可能性がある事です。軽でも車内スペースがかなり広い車種も増えていますが、しかしながら根本的なボディサイズは大きくありませんので限界があります。その為、希望する用途によっては合わない可能性があります。
車両本体価格が安くないのもデメリットです。現在では普通車レベルの車両本体価格になっていますので、以前のように価格の優位性がメリットではなくなっているのです。}PgžxQ

コンパクトカータイプの特徴について

トヨタのヴィッツやアクア、ホンダのフィット、マツダのデミオ、日産のマーチなどコンパクトカーは非常に人気があります。一昔前の小型車をイメージしている人は、最近の小型車に乗るとその性能の良さにびっくりすることでしょう。軽自動車よりわずかに大きい程度のサイズでありながら、室内は広々しており、エンジンも1000cc~1500ccとサイズアップするので余裕のある走りが可能になります。もちろん、乗り心地も軽自動車とは比べものになりません。それでいて、価格は軽自動車とそれほど変わらないのも魅力です。

コンパクトなサイズであるがゆえのメリットは非常に多くあります。まず細い路地や狭い駐車場でも運転がしやすいことです。日本の道路事情や駐車場事情などを考えると、大型車では不便なことが多くありますが、小さな車であれば問題がありません。また燃費が良いのも大きなメリットです。通常のエンジンでも高燃費が期待できますが、アクアやフィットなどはハイブリッドシステムを組み合わせて、驚異的な数字をたたき出しています。まだデミオもクリーンディーゼルエンジンで、トルクフルな走りと省燃費を可能にしています。セカンドカーとして所有するのも良いですし、ファーストカーとしても十分魅力的であると言えます。ダイニング01

小・中型車のメリット・デメリットについて

1000cc~1200cc前後の排気量の小型車は人気があります。コンパクトなサイズであることのメリットは、取り回しが良いということです。国内の道路事情や駐車場を考えると、コンパクトなサイズはとても運転しやすいです。コンパクトとはいっても、軽自動車と比べればボディもエンジンもしっかりしているので、安心感や安定した走りが可能なのも魅力です。また、車両価格が安く、燃費も良いというのも大きな魅力です。最近は軽自動車の価格がどんどん高くなっており、コンパクトカーとそれほど変わらなくなってきています。燃費もリッター20キロオーバーも珍しくはありません。デメリットを挙げると、大人4人が座るとなるとかなり窮屈な点でしょうか。

1500cc~2000ccの中型車はコストパフォーマンスという点で最もバランスが取れていると言えます。アメリカなどでは小型の部類にはいるサイズですが、日本ではちょうど良いサイズなのがこの中型タイプです。家族4人がちゃんと座ることができのは、コンパクトカーとは大きく違う点です。エンジンにも余裕が出てきますし、燃費も悪くありません。ただ市場での人気は今一つぱっとしません。ファミリカーとして使うのであれば、ミニバンのほうが人気があるようです。ソファーとテーブル

ステーションワゴンタイプの特徴について

ステーションワゴンタイプの一番の特徴は荷室の広さにあります。カーゴスペースが広く作られていますので、多くの荷物を積み込む事が可能です。さらには後部席を倒せる仕様になっている車種が殆どであり、よりスペースを拡大できるようになっています。スキー板などの長い物でも載せられるようになりますし、営業車としても活躍しているようです。
荷物を載せる目的ならミニバンやバンでも良いのですが、大型の車になると走行性能が犠牲になってしまいます。その為、走りに関して不満を抱いてしまう可能性がありますが、その点も心配ありません。セダンクラスの走りを備えていますので、走行性能に関しても不満を感じ難い存在と言えます。
そしてミニバンやバンと比較すると重量が軽い作りとなっていますので、燃費性能がそこまで低くないのも一つの特徴です。全体的なバランスがとても良いボディタイプですので、ベーシックなボディタイプとして親しまれています。
長さのあるボディタイプになりますので、伸びやかなデザインになっているのも特徴です。フロントからリアまで一体感のあるデザイン性を楽しめます。
その他のボディタイプと比較すると車種は少ないという短所もありますが、一定の人気を誇るタイプです。ソファー

SUV(クロスカントリー)タイプの特徴について

1990年代のアウトドアブームの頃から、オフロードカーが人気に火がつき、ブームが過ぎた現在でも市民権を得た感があります。ただ、オフロードを中心とした本格的なクロスカントリータイプではなく、街乗りもこなすSUV(スポーツ・ユーティリティ・ビークル)が人気があるようです。オフロードタイプに比べると、乗用車のような上質な乗り心地でありがら、オフロードもそつなくこなせるのが特徴です。

また、最近は小型タイプのニューモデルが各メーカーから登場し、人気となっています。車高が高いので、見晴らしが良く、コンパクトサイズなので運転がしやすいのが魅力です。ハイブリッドシステムを搭載し、燃費の良いモデルが登場したり、クリーンディーゼルエンジンを搭載し、燃費だけではなく、トルクフルな走りを前面に押し出したタイプもあり、ユーザーの選択肢が広がっています。ただ、コンパクトサイズのスポーツ・ユーティリティ・ビークルは、外観から想像するよりも、室内が狭いので、大人が5人が乗車するとかなり後席がきつくなります。また、タイヤのサイズが大きいので、タイヤのコストも高くなるなど、普通のセダンから乗り換える方は、メリット、デメリットをよく理解した上で購入を考えることをおすすめします。}PgžxQ

ミニバン(ワンボックス)タイプの特徴について

数ある車種の中でも、ワンボックスタイプのミニバンは非常に人気があります。人気の一番の理由は、やはり利便性でしょう。大人数が乗れて、7人乗りや8人乗りのタイプが選べるのも理由の一つです。少子化とは言っても、道路交通法の改正によって、チャイルドシートやベビーシートの装着義務があるので、定員の多い車でないと、子供のシートが足りなくなる上に、車内がかなり狭くなってしまうのです。また、人数があまり乗らない時は、シートを折り畳めて荷物がたくさん積めるようになっているのも、便利な点になっています。最近は、高級車路線を前面に出したワンボックスカーもよく売れています。セダンでは室内が狭くて定員も少ないので、ファミリー世帯には不向きですし、輸入車だと値段が高すぎる上に維持費も高額で、ファミリー向きの車種があまりありません。そんな需要を満たすのが、高級ワンボックスだったのです。安価で利便性のある車種から、高級感と実用性を兼ね備えた車種まで選べるのが、一番の魅力となっているのです。ただし、メリットの一方でデメリットもあって、それはボディサイズやボディデザインに由来する運動性能の悪さです。車体の揺れや遠心力に弱く、カーブなどのコーナリングも大きなボディによって不利になります。燃費の点ではハイブリッドカーを選べればいいのですが、ボディサイズが大きくて排気量の大きなエンジンの車種では、エコとは言えない結果になることもあります。そして、運転のしやすさでは、視界が高くて取り回しが良い車種が多いので、優秀と言えるでしょう。このように、様々なライフスタイルに合致する車だということが、多くの人に選ばれている理由です。}PgžxQ