小・中型車のメリット・デメリットについて

1000cc~1200cc前後の排気量の小型車は人気があります。コンパクトなサイズであることのメリットは、取り回しが良いということです。国内の道路事情や駐車場を考えると、コンパクトなサイズはとても運転しやすいです。コンパクトとはいっても、軽自動車と比べればボディもエンジンもしっかりしているので、安心感や安定した走りが可能なのも魅力です。また、車両価格が安く、燃費も良いというのも大きな魅力です。最近は軽自動車の価格がどんどん高くなっており、コンパクトカーとそれほど変わらなくなってきています。燃費もリッター20キロオーバーも珍しくはありません。デメリットを挙げると、大人4人が座るとなるとかなり窮屈な点でしょうか。

1500cc~2000ccの中型車はコストパフォーマンスという点で最もバランスが取れていると言えます。アメリカなどでは小型の部類にはいるサイズですが、日本ではちょうど良いサイズなのがこの中型タイプです。家族4人がちゃんと座ることができのは、コンパクトカーとは大きく違う点です。エンジンにも余裕が出てきますし、燃費も悪くありません。ただ市場での人気は今一つぱっとしません。ファミリカーとして使うのであれば、ミニバンのほうが人気があるようです。ソファーとテーブル

コメント

コメントを受け付けておりません。