ミニバン(ワンボックス)タイプの特徴について

数ある車種の中でも、ワンボックスタイプのミニバンは非常に人気があります。人気の一番の理由は、やはり利便性でしょう。大人数が乗れて、7人乗りや8人乗りのタイプが選べるのも理由の一つです。少子化とは言っても、道路交通法の改正によって、チャイルドシートやベビーシートの装着義務があるので、定員の多い車でないと、子供のシートが足りなくなる上に、車内がかなり狭くなってしまうのです。また、人数があまり乗らない時は、シートを折り畳めて荷物がたくさん積めるようになっているのも、便利な点になっています。最近は、高級車路線を前面に出したワンボックスカーもよく売れています。セダンでは室内が狭くて定員も少ないので、ファミリー世帯には不向きですし、輸入車だと値段が高すぎる上に維持費も高額で、ファミリー向きの車種があまりありません。そんな需要を満たすのが、高級ワンボックスだったのです。安価で利便性のある車種から、高級感と実用性を兼ね備えた車種まで選べるのが、一番の魅力となっているのです。ただし、メリットの一方でデメリットもあって、それはボディサイズやボディデザインに由来する運動性能の悪さです。車体の揺れや遠心力に弱く、カーブなどのコーナリングも大きなボディによって不利になります。燃費の点ではハイブリッドカーを選べればいいのですが、ボディサイズが大きくて排気量の大きなエンジンの車種では、エコとは言えない結果になることもあります。そして、運転のしやすさでは、視界が高くて取り回しが良い車種が多いので、優秀と言えるでしょう。このように、様々なライフスタイルに合致する車だということが、多くの人に選ばれている理由です。}PgžxQ

コメント

コメントを受け付けておりません。