スポーツ(クーペ)タイプの特徴について

様々なタイプの車の中で、よりスポーティーなモデルに分類されるのが、クーペになります。クーペとはフランス語が語源で、2ドアのボディタイプの車のことを指します。前座席を優先としたデザインで、後部座席は補助的なものという位置付けです。よって、2シーターが主流のタイプですが、今は利便性の点から4シーターが好まれるようになっていて、4ドアクーペというものも存在しています。セダンとの大きな違いは、車高が低くて流線形のボディデザインという点にあります。一方で、セダンなどと比べて、居住性やラゲッジスペースがかなり劣るため、実用性は低いと言わざるを得ないでしょう。しかし、流線形のボディデザインが特長的で、スポーティーさやスタイリッシュさを求める人に好まれる車と言えます。また、スポーツタイプのボディデザインに合わせて、走りや速さといった運動性能に特化したモデルが多くなっています。排気量の大きなパワーのあるエンジンを積んだモデルなら、高速道路の走行にも向いていて、流線形のボディが安定性を生み出すため、長距離移動も快適に走り続けることができます。実用性や利便性とは対極にあるタイプの車ですが、車本来の目的、つまり走りにおいては、快適かつノンストレスな人車一体感を味わえる車なのです。デスク01

コメント

コメントを受け付けておりません。