ステーションワゴンタイプの特徴について

ステーションワゴンタイプの一番の特徴は荷室の広さにあります。カーゴスペースが広く作られていますので、多くの荷物を積み込む事が可能です。さらには後部席を倒せる仕様になっている車種が殆どであり、よりスペースを拡大できるようになっています。スキー板などの長い物でも載せられるようになりますし、営業車としても活躍しているようです。
荷物を載せる目的ならミニバンやバンでも良いのですが、大型の車になると走行性能が犠牲になってしまいます。その為、走りに関して不満を抱いてしまう可能性がありますが、その点も心配ありません。セダンクラスの走りを備えていますので、走行性能に関しても不満を感じ難い存在と言えます。
そしてミニバンやバンと比較すると重量が軽い作りとなっていますので、燃費性能がそこまで低くないのも一つの特徴です。全体的なバランスがとても良いボディタイプですので、ベーシックなボディタイプとして親しまれています。
長さのあるボディタイプになりますので、伸びやかなデザインになっているのも特徴です。フロントからリアまで一体感のあるデザイン性を楽しめます。
その他のボディタイプと比較すると車種は少ないという短所もありますが、一定の人気を誇るタイプです。ソファー

コメント

コメントを受け付けておりません。