SUV(クロスカントリー)タイプの特徴について

1990年代のアウトドアブームの頃から、オフロードカーが人気に火がつき、ブームが過ぎた現在でも市民権を得た感があります。ただ、オフロードを中心とした本格的なクロスカントリータイプではなく、街乗りもこなすSUV(スポーツ・ユーティリティ・ビークル)が人気があるようです。オフロードタイプに比べると、乗用車のような上質な乗り心地でありがら、オフロードもそつなくこなせるのが特徴です。

また、最近は小型タイプのニューモデルが各メーカーから登場し、人気となっています。車高が高いので、見晴らしが良く、コンパクトサイズなので運転がしやすいのが魅力です。ハイブリッドシステムを搭載し、燃費の良いモデルが登場したり、クリーンディーゼルエンジンを搭載し、燃費だけではなく、トルクフルな走りを前面に押し出したタイプもあり、ユーザーの選択肢が広がっています。ただ、コンパクトサイズのスポーツ・ユーティリティ・ビークルは、外観から想像するよりも、室内が狭いので、大人が5人が乗車するとかなり後席がきつくなります。また、タイヤのサイズが大きいので、タイヤのコストも高くなるなど、普通のセダンから乗り換える方は、メリット、デメリットをよく理解した上で購入を考えることをおすすめします。}PgžxQ

コメント

コメントを受け付けておりません。